未分類

墜落地点には考古学のグループがいた!?

 ←第2クラッシュサイト!? →今一度、そもそもRoswell事件の発端とは・・・
これはUFO否定論者の
クロッフの見た
Roswell事件の
タイムラインだが・・・

円盤が墜ちた近くに
トミー・ホロード博士と
その考古学の
グループがいたと言う。

そして飛行機が墜ちた
ということで・・・

グループの一人が
丘を降りて・・・

近くで電話のある
ところに走っていた・・・

そしてそれは
チャベス郡のシェリフ
ウイルコックスに
電話をするためだった・・・

それはこうした話に
なっているが・・・

実はいかにリサーチャーが
どのように
リサーチをしようが・・・

いつものRoswellの
謎同様に・・・

こんなに博士の名前まで
はっきりしてる
この考古学グループに
行き着けないのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ続け、
1997年のコーソーの書いた「The Day After of Roswell」で米国でさらなる盛況を迎える。そんなRoswell Incidentとは何か!?
「1947年7月2日いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」是非、
そのRoswellの謎の解明を「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ でお楽しみください。続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!

 ↓ 「ポチ」っとお願いします <(_ _)>
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第2クラッシュサイト!?】へ
  • 【今一度、そもそもRoswell事件の発端とは・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第2クラッシュサイト!?】へ
  • 【今一度、そもそもRoswell事件の発端とは・・・】へ