未分類

コーソーのRoswellに果たした役割とは・・・

 ←実際、Roswellは現代文明のおおもとだったのか!? →激しい嵐の雷雨の日であった!?
事実なのかホラなのか
ずっと考えてきた
Roswell事件の
真相に・・・

Ufologistとしてではなく
ミステリーハンターとして
ようやくそこに手が
届き始めたように思える。

コーソーの著書は
コーソーの本

Roswell事件の
もっとも知りたかった・・・

その謎の部分への
すなわち回答であった。


コーソーはNSCのメンバー
というよりも・・・

OCBやPSBはNSCの
根本的な部分であり
彼は
それを支える
スタッフだったのだろう。

そういった意味で
コーソーが言うように・・・

明らかに
彼の任務の4年間は・・・

アイゼンハワー
管理下の
NSCのPSBとOCBの
会合に出席して
いたのであろう。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ続け、
1997年のコーソーの書いた「The Day After of Roswell」で米国でさらなる盛況を迎える。そんなRoswell Incidentとは何か!?
「1947年7月2日いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」是非、
そのRoswellの謎の解明を「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ でお楽しみください。続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!

 ↓ 「ポチ」っとお願いします <(_ _)>
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【実際、Roswellは現代文明のおおもとだったのか!?】へ
  • 【激しい嵐の雷雨の日であった!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【実際、Roswellは現代文明のおおもとだったのか!?】へ
  • 【激しい嵐の雷雨の日であった!?】へ