未分類

いつもRoswellの真相は分からずしまい・・・

 ←コーソーの本に関しいろいろの話がある・・・ →コーソーは予備役の将校であった
リサーチャーの
ランドルは
コーソーは嘘を
ついている・・・

という立場を
とっている。

ランドルはそもそも
Roswellの事件の
1980年代の最初から
取材を
しているだけに・・・
(UFO Crash at Roswell著作)

1997年6月
急に
自身が「実はRoswellからの
回収物をすべて扱っていた」・・・

と言って現れた
元軍の高官のコーソーには・・・

その核心に触れる話が
気に入らない
というものが
あったのだろう・・・

ランドル自身も
元軍人で
あっただけに・・・

それは嫉妬に近いもの
かも知れない。

そしてコーソーとFBIの
不仲については
ランドルの
計り知らない
ことだった。




★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ続け、
1997年のコーソーの書いた「The Day After of Roswell」で米国でさらなる盛況を迎える。そんなRoswell Incidentとは何か!?
コーソーは現代文明はエイリアンテクノロジーがその大基だと言う・・・
「1947年7月2日いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」是非、
そのRoswellの謎の解明を「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ でお楽しみください。続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!

 ↓ 「ポチ」っとお願いします <(_ _)>
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【コーソーの本に関しいろいろの話がある・・・】へ
  • 【コーソーは予備役の将校であった】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【コーソーの本に関しいろいろの話がある・・・】へ
  • 【コーソーは予備役の将校であった】へ