未分類

コーソーとケネディー兄弟の接点

 ←コーソーとロバート・ケネディーの会談・・・ →モンローは知っていた。
当時コーソーは
FTD(フォーリン・テクノロジー・デスク)
の任についており

直接、
軍のR&D(リサーチ&デベロップメント)
のヘッドである
トルドー将軍に
報告していた。


コーソーの知ってることと
その行動をもっと
知りたがった
ロバート・ケネディーに
コーソーは
コンタクトされていた。


あまり知られていない
ケネディー兄弟が
つかんだ
地球外生命体と
その技術について
極秘扱いになってる
情報を確かめるには・・・

ロバートはUFOについて
もっと学ぶのが
キーポイントであったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ続け、
1997年のコーソーの書いた「The Day After of Roswell」で米国でさらなる盛況を迎える。そんなRoswell Incidentとは何か!?
コーソーは現代文明はエイリアンテクノロジーがその大基だと言う・・・
「1947年7月2日いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」是非、
そのRoswellの謎の解明を「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ でお楽しみください。続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!

 ↓ 「ポチ」っとお願いします <(_ _)>
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【コーソーとロバート・ケネディーの会談・・・】へ
  • 【モンローは知っていた。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【コーソーとロバート・ケネディーの会談・・・】へ
  • 【モンローは知っていた。】へ