未分類

やはり残骸はワシントンに空輸されていた・・・

 ←ほら話の証言ではない・・・ →マクマーレンとの間に立つ士官学校後輩デュボス大佐

クレメンツ・マクマーレン将軍
(戦略空軍最高司令官)は
ワシントンDCの
アンドリュー空軍基地に・・・

封印したバッグに
残骸を入れて送るよう・・・

ブランチャード大佐に
命令していた。

そして残骸の入った袋は
先ず
フォートワース基地に
送られた・・・

それを
デュボス大佐が受け取り
フォートワースの
基地司令官に手渡され・・・

彼は手錠を付けて
袋を持ち・・・

B29の特別機で
ワシントンに
彼自身が運ぶよう・・・

マクマーレン大将に
命じられていたのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ
続け、1997年のコーソーの書いた
「The Day After of Roswell」で米国でさら
なる盛況を迎える。
そんなRoswell Incidentとは何か!?
「1947年7月2日いったいそのときRoswell
で何があったのか・・・!?」
是非、そのRoswellの謎の解明を
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ でお楽しみください。
続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ほら話の証言ではない・・・】へ
  • 【マクマーレンとの間に立つ士官学校後輩デュボス大佐】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ほら話の証言ではない・・・】へ
  • 【マクマーレンとの間に立つ士官学校後輩デュボス大佐】へ