未分類

何かが墜ちた翌日のフォスター牧場・・・

 ←第2便の空輸・・・ →7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・
コロナの羊飼いの牧場夫
マック・ブラゼル・・・

フォスター牧場は
コロナの南東53kmであった・・・

激しい嵐で雷雨のあった
その翌朝・・・

ブラゼルは隣家の
子供ディと一緒に
馬に乗って
牧場に出ていた・・・

しかしこの少年ディは
その生涯・・・

一切のこの件に関して
インタビューで
語ったりすることは
なかった・・・

牧場には大量に散らばった
銀色の残骸を
発見するのだった・・・

それはかなり広大な
範囲だった。
1.2kmの長さで
180mの幅で
散らばっていた・・・

残骸には
奇妙なマークや数字が
書かれていたと
彼は言う。

それは
ニューメキシコのインディオの
ペトログリフ(岩面彫刻)に
似ていた
と言っている。

なにより
かなりの勢いで
墜ちたのか・・・

そこには
大きなガウジがあった。
長さ500m、幅10m位
のものだった。

それは空から
観測した時も
このガウジだけは
はっきりと分かったと言う。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた
と言われ1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」でRoswellの
回収技術を扱ったと告白した。

そんなRoswell Incidentとはいったい
何だったのか!?
「1947年7月2日そのときRoswellで何が
墜ちたのか・・・!?」
是非、このRoswellの謎の解明を
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ でお楽しみください。
続編 第2弾も「Roswellの真相!!」をただ今
製作中。お楽しみに!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第2便の空輸・・・】へ
  • 【7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第2便の空輸・・・】へ
  • 【7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・】へ