未分類

7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・

 ←何かが墜ちた翌日のフォスター牧場・・・ →いつも出て来る考古学グループがいるのだが・・・
彼は友人たちから
墜ちたモノが
UFOの物だったら・・・

新聞から3000ドル
(30万円)の
報酬がもらえる・・・

と聞かされたのだ。

それで
Roswellの町まで
行くことにしたのだった。

ところで
話に出た
ブラゼルと一緒に
いた少年ディ
の目撃証言は
ほとんど
目にしたことがない・・・

その彼は
2006年59才で
亡くなるのだが・・・

1995年に
母親を
第2クラッシュサイトに
連れて行たと言うのだが・・・

そのことは
いったい彼にとって
どんな意味なんだろう・・・

そして彼が
無言を続けた意味も
当然わからない。

そしてそこは
ランドルとシュミットが
1991年に
見つけたという
第2インパクトサイト
であった。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた
と言われ1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」でRoswellの
回収技術を扱ったと告白した。

そんなRoswell Incidentとはいったい
何だったのか!?
「1947年7月2日そのときRoswellで何が
墜ちたのか・・・!?」
是非、このRoswellの謎の解明を
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ でお楽しみください。
続編 第2弾も「Roswellの真相!!」をただ今
製作中。お楽しみに!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【何かが墜ちた翌日のフォスター牧場・・・】へ
  • 【いつも出て来る考古学グループがいるのだが・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【何かが墜ちた翌日のフォスター牧場・・・】へ
  • 【いつも出て来る考古学グループがいるのだが・・・】へ