未分類

いつも出て来る考古学グループがいるのだが・・・

 ←7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・ →クラッシュサイトにはすでに人が多くいた。

オブジェクトの
墜ちた近くに
Dr.トミー・ホロード博士と
その考古学グループがいた
と言うのだが・・・

そしてそのメンバーの一人は
飛行機事故だと・・・

近くの電話を探して
走ったのだ・・・

しかし近くと言っても
山を下るしかない・・・

そしてこのように
教授名も具体的大学名
まであるのだが・・・

その一切の証言が
取れないのだ・・・

知らないそんなとこには
いなかったと
される・・・

しかしチェベス郡の
シェリフ
ウイルコックスが
その電話を受けていて・・・

ウイルコックスは
ロズウェル消防局に
電話を入れているのだ・・・

後に目撃証言をする
消防士ロイヤーも
その一人である。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた
と言われ1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」でRoswellの
回収技術を扱ったと告白した。

そんなRoswell Incidentとはいったい
何だったのか!?
「1947年7月2日そのときRoswellで何が
墜ちたのか・・・!?」
是非、このRoswellの謎の解明を
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ でお楽しみください。
続編 第2弾も「Roswellの真相!!」をただ今
製作中。お楽しみに!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・】へ
  • 【クラッシュサイトにはすでに人が多くいた。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【7月6日ブラゼルようやく町に出る・・・】へ
  • 【クラッシュサイトにはすでに人が多くいた。】へ