未分類

すべてはRoswellの回収品からの変形である!?

 ←確実にリバースエンジニアリングは進んでいる!! →ライトパターソン基地
リバースエンジニアリングの
数々のデーターは
ライトパターソン空軍基地の
フォーリン・テクノロジー・
ディビジョンの
ワーキンググループから・・・

1952年に
送りこまれていた・・・

アメリカ空軍で
採用された
ロッキード社の開発した
超音速・高高度戦略偵察機
ブラックバード
(愛称)は・・・
ブラックバード


世界最速のジェット機で
マッハ3で
飛行できるものだった・・・

1950年代後半~1960年代に
かけての開発では・・・

ロッキード社の
「スカンクワークス」の
無人機に至るまで
すべてが・・・

Roswellで墜ちたクラフト
からの発展であったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた
と言われ1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」でRoswellの
回収技術を扱ったと告白した。

そんなRoswell Incidentとはいったい
何だったのか!?
「1947年7月2日そのときRoswellで何が
墜ちたのか・・・!?」

Roswellのウイキペディアでも紹介される
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~ で是非お楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【確実にリバースエンジニアリングは進んでいる!!】へ
  • 【ライトパターソン基地】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【確実にリバースエンジニアリングは進んでいる!!】へ
  • 【ライトパターソン基地】へ