未分類

アンテロープバレー

 ←結果的にプラズマ飛行体を作る!? →プラズマ飛行体・・・!?
カリフォルニア州
ロサンゼルス郡にある
テハチャピ山地と
サンガブリエル山脈の
間にある高原地帯である。

ロサンジェルスから
車で2時間ほど・・・
サンガブリエル山脈を
越えると
高地に出る。

ここでデルタ型や
球形のUFOがかなり
目撃されている。

UFOによくある
ジグザグ移動や
急停止・急発進を見せる。

そしてここにある
軍事施設の上で
よくホバリング
していると言うのだが・・・

「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
もすでに6年となり
第3弾を迎えると
おおよそのことが
見え隠れしてくる。

Roswellにクラッシュ→
回収(極秘)→
リバースエンジニアリング→
ポータル型のステルス→
プラズマ飛行体デルタ型UFO
という・・・

おおよそ
こうした流れが
見えて来た。

NY州
ハドソンバレーで
1983に始まった
デルタ型三角形の
UFO目撃は
1989年3月頃まで
続くのだが・・・

メディアには一切何も
触れず
一般に大勢に目撃させる
ことが目的であった。
これはその一連である。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた
と言われ1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」でRoswellの
回収技術を扱ったと告白した。

「1947年7月2日そのときRoswellで何が
墜ちたのか・・・!?」
ウイキペディアでも紹介されている

「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
~第1弾~を是非お楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【結果的にプラズマ飛行体を作る!?】へ
  • 【プラズマ飛行体・・・!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【結果的にプラズマ飛行体を作る!?】へ
  • 【プラズマ飛行体・・・!?】へ