未分類

クラフトの内部調査の詳細がある!?

 ←なぜ元軍の高官が秘密をばらすのか →ではどこから来たのかRoswellのクラフトは
第2代米空軍参謀総長
トワイニング中将の・・・

Roswellからの回収品の
フライングディスクの
内部の詳細を
記したものが
見つかっている。

それは彼が見た第一印象の
報告書であった。

ディスクは直径が約10mの
ドーナッツ型ということだ・・・

内部には推進装置を
コントロールするような
タイプライターのキー
のようなものがあった・・・

と言う。
他には何やら張り巡らされた
透明な材料と銅のコイルが
ある・・・

しかしこれはいったい
何にどう使われるのかは
一切分からなかったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
1947年Roswellに地球外生命体の乗った
UFOが墜ちたと言われ続け・・・
1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」で
Roswellの機密文書を扱ったと告白した。
1947年7月2日そのとき・・・
いったいRoswellで何が墜ちたのか!?」

ウイキペディアでも紹介されている
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾を是非お楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【なぜ元軍の高官が秘密をばらすのか】へ
  • 【ではどこから来たのかRoswellのクラフトは】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【なぜ元軍の高官が秘密をばらすのか】へ
  • 【ではどこから来たのかRoswellのクラフトは】へ