未分類

Roswellの機密書類を扱ったと言う

 ←ブラックガバメントの存在!?・・・ →Roswellに墜ちたものを推測すると・・・
Roswellに墜ちたものが
軍の言う
単なる観測用バルーンなら・・・

Roswellに大挙して来た
軍の高官や
臨時の緊急の輸送を
要したB-29なりの
説明が
できなくなる・・・

そしてそこに墜ちた
クラフトが
B2やF-117に発展した
と言うのは
ごく論理的である・・・

それがただし
地球外生命体の
乗り物かどうかは
別だ・・・

元軍の高官コーソー
彼は
テクノロジーの
書かれたRoswellの
ナッツファイルを扱って・・・

軍需企業に
そのエイリアン技術を
繋ぐ役割を
担ったと言って・・・

そのRoswellの暴露本は
大ヒットしたのだ・・・

IBM、ベル研究所
化学工業メーカーダウコーニング
ハワードヒューズエアクラフト等々に・・・

リバースエンジニアリングを
働きかけた唯一の
元軍の高官だが・・・

本の出版の翌年に亡くなっている。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
1947年Roswellに地球外生命体の乗った
UFOが墜ちたと言われ続け・・・
1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」で
Roswellの機密文書を扱ったと告白した。
1947年7月2日そのとき・・・
いったいRoswellで何が墜ちたのか!?」

ウイキペディアでも紹介されている
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾を是非お楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ブラックガバメントの存在!?・・・】へ
  • 【Roswellに墜ちたものを推測すると・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ブラックガバメントの存在!?・・・】へ
  • 【Roswellに墜ちたものを推測すると・・・】へ