未分類

Roswellに墜ちたのは独製のクラフトか

 ←独での重力推進の発達 →その火の玉はどこへ行ったのか
英国は独が
かなり進んだクラフトを
持っていると考えていた・・・

しかし同盟国ともども
なかなかその中身は
掴めていなかった・・・

やがて
1945年2月16日
独はその火の玉に
クルーを乗せることに
成功したというのだが・・・

1945年当時
もっとも早い機でも
870km/hが一般的であった・・・

しかしこの独の機は
最高速度が
時速2011kmだと言うのだから
驚かされる・・・

それはまさに
信じられない速度だ。

となると
やはりRoswellに墜ちた
クラフトは・・・

この独製のもの
だったのだろうか。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。
1947年Roswellに地球外生命体の乗った
UFOが墜ちたと言われ続け・・・
1997年、元中佐コーソーの書いた
「The Day After of Roswell」で
Roswellの機密文書を扱ったと告白した。
1947年7月2日そのとき・・・
いったいRoswellで何が墜ちたのか!?」

ウイキペディアでも紹介されている
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾を是非お楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【独での重力推進の発達】へ
  • 【その火の玉はどこへ行ったのか】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【独での重力推進の発達】へ
  • 【その火の玉はどこへ行ったのか】へ