未分類

目撃は正直なのだ

 ←そもそものRoswell事件の話の原型とは →なかなかやはり不可解だ
それこそ今
リサーチャー間で噂されてる
ように・・・

クラフトはプラズマの壁で
遮断されていたのかも知れない。

その落ちてる破片は
反射しない鈍いグレーの
タバコを包んでるアルミ箔の
ような
ものだったと言う・・・

そしてそこには一切の
電気関係のものもなく
繋ぎあわせても
その元の形する分からなく・・・

大きなガウジだけが
残っていた。

そして破損しながらも
UFOは引きずるようにして
まだしばらくは
飛んで行ったのだろうと
考えられている・・・

やがて
フォスター牧場から
約160kmほど離れた
サンアウグスチン平原に
墜ちたのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」

1947年7月2日
ニューメキシコ州Roswell
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた。

1997年、空軍の元中佐コーソーが
内部告発した
「The Day After of Roswell」・・・

彼はそのRoswellの機密文書を扱い
軍事企業にその技術の
リバースエンジニアリングを
するため・・・

回収した技術や物質を
渡したのだ。
そして
それは地球型デルタUFOに
発展した!!

「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はAmazonで発売中です・・・
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【そもそものRoswell事件の話の原型とは】へ
  • 【なかなかやはり不可解だ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【そもそものRoswell事件の話の原型とは】へ
  • 【なかなかやはり不可解だ】へ