未分類

エイリアンも隠ぺい工作の一つなら・・

 ←宣誓供述書を書いた上でのハウトの証言 →ナースのナオミ・セルフの話・・・
もともとRoswell事件は
核物理学者でUFOリサーチャーの
スタントン・フリードマンが
アルバカーキーのラジオ局の
リンダ・スリッピーの
話に魅かれ調べたのが・・・

30年以上も経ってから
火が付いたRoswell事件であった。

しかしこれらエイリアンを
連想させるものが
すべて隠ぺい工作だと
するなら・・・

司令官ブランチャードの
命を受け
ハウトが最初に発表した
「軍がUFOを確保した」が
納得できる。

そしてマーセルまでもが
ではその仕掛け人ということに
なって来る。

しかし
ことはそれほど単純には
行かない。
そして70年以上経った
今でもRoswell事件は
謎だらけなのだ。


★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
1947年7月2日
ニューメキシコ州Roswell
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた。

1997年、空軍の元中佐コーソーが
内部告発した
「The Day After of Roswell」だが
これすら隠ぺい工作では・・・

何らかの本当の所を隠し続けたい
実はエイリアンは
地球外生命体であると
思い込ませたい・・・・

コーソーは
そのRoswell機密文書を
扱って
軍事企業に
そのエイリアンテクノロジーを
リバースエンジニアリング
するために・・・

回収した技術や物質を
渡したと言うのだ・・・

そしてそれが
やがて地球型UFOに
1990年代に発展した
と言うのだ・・・

「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はAmazonで絶賛発売中です・・・
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【宣誓供述書を書いた上でのハウトの証言】へ
  • 【ナースのナオミ・セルフの話・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【宣誓供述書を書いた上でのハウトの証言】へ
  • 【ナースのナオミ・セルフの話・・・】へ