未分類

墜ちたUFOの研究と分析・・・

 ←残骸はかなりの広さに散乱していた!! →軍はやはり墜ちたUFOを再現していた!!
カリフォルニア州
ノートンAFB
ここは1994年に閉鎖
されているが・・・

ここは
墜ちたUFOの音声・映像の
調査部門が
あったと
噂されているところだ。

クラフトの
電気重力エンジンは・・・

GEアエロスペイスによって
製作され・・・

機体表面はアモコ
(米国の大手総合石油・化学品会社)
で作られていた。

そして
ほとんどのリサーチャーが
でっち上げだと言っている
コーソーの・・・

これこそが
エイリアンクラフトの
リバース・エンジニアリング
のことであった。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
1947年7月2日
ニューメキシコ州Roswellに
地球外生命体の乗ったUFOが墜ちた。

1997年、Roswellの機密文書を扱った
空軍の元中佐コーソーが
内部告発したのが
「The Day After of Roswell」・・・

それはエイリアンを
地球外生命体であると
思い込ませたい・・・・

本当の実体を隠したい
一環なのだろうか。

コーソーの暴露の動機は
金だと言われる・・・

彼はエイリアンテクノロジーを
リバースエンジニアリング
するため・・・

軍事企業にRoswellから回収した
技術や物質を渡した
と言うものだが・・・

そしてそのことが
1990年代に地球型UFOに発展した
のだと言う・・・

「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
第1弾~ はAmazonで絶賛発売中・・・
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【残骸はかなりの広さに散乱していた!!】へ
  • 【軍はやはり墜ちたUFOを再現していた!!】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【残骸はかなりの広さに散乱していた!!】へ
  • 【軍はやはり墜ちたUFOを再現していた!!】へ