未分類

すべてはRoswellの回収品からの変形であった!?

 ←リバースエンジニアリングの進展は!! →ライトパターソン基地とは!?
リバースエンジニアリングの
データは
ライトパターソン空軍基地の
フォーリン・テクノロジー・
ディビジョンの
ワーキンググループから・・・

1952年にはすでに
軍事企業に
送りこまれていたと言う。

空軍で採用された
ロッキード社の
超音速・高高度戦略偵察機
ブラックバード(愛称)は・・・

SR71ブラックバード

世界最速のジェット機で
マッハ3で
飛行できると言うのだ。

1950年代後半~60年代に
かけて・・・

ロッキード社の
「スカンクワークス」の
無人機に至るまで
すべてが・・・

Roswellで墜ちたクラフト
からの発展ではないかと
リサーチャーの間では
噂されているのだ。


★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」
1947年7月2日
ニューメキシコ州Roswellに
UFOが墜ちた。

1997年、Roswellの機密文書を
扱ったという空軍の元中佐コーソーが
内部告発したのが
「The Day After of Roswell」・・・

彼の任務は
エイリアンテクノロジーを
リバースエンジニアリング
するため・・・

軍事企業にRoswellの回収物を
渡していたと言う。

やがてこのことから
1990年代に地球型UFOに
発展する。

そんな全貌を扱った電子本
「Roswellに墜ちたUFOミステリー」・・・

第1弾~ はなぜか今ガゼン超人気
Amazonで絶賛発売中!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【リバースエンジニアリングの進展は!!】へ
  • 【ライトパターソン基地とは!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【リバースエンジニアリングの進展は!!】へ
  • 【ライトパターソン基地とは!?】へ