未分類

ドイツの火の玉

 ←ドイツの円盤作り・・・ →Roswellに墜ちたものは・・・
米国が入れていた
人物からの妨害と
間違った方向性やらで・・・

1944年まで
マグネシウムと
アルミニウムの合金を
受け入れる
結果には至らず・・・

治金学的調査は
かなり困難を
極めたのである。

そしてやがてドイツは
火の玉と言われた
無人のクラフトを
発展させて・・・

連合国側の
パイロット達を
さんざん
苦しめたのであったが・・・

しかしその火の玉が
ドイツ製だとは
当時は分かって
いなかったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」

第1弾~ は今ガゼン超人気
Amazonで絶賛発売中!!

今やUFOの神話ともいわれるRoswellで
いったい何があったのだろうか・・・!?」

その主流の話を網羅して
Roswellの謎を推理しています。
是非お楽しみに・・・。

第1弾 電子本で発売中!!


米国が入れていた
人物からの妨害と
間違った方向性やらで・・・

1944年まで
マグネシウムと
アルミニウムの合金を
受け入れる
結果には至らず・・・

治金学的調査は
かなり困難を
極めたのである。

そしてやがてドイツは
火の玉と言われた
無人のクラフトを
発展させて・・・

連合国側の
パイロット達を
さんざん
苦しめたのであったが・・・

しかしその火の玉が
ドイツ製だとは
当時は分かって
いなかったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」

第1弾~ は今ガゼン超人気
Amazonで絶賛発売中!!

今やUFOの神話ともいわれるRoswellで
いったい何があったのだろうか・・・!?」

その主流の話を網羅して
Roswellの謎を推理しています。
是非お楽しみに・・・。

第1弾 電子本で発売中!!
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ドイツの円盤作り・・・】へ
  • 【Roswellに墜ちたものは・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ドイツの円盤作り・・・】へ
  • 【Roswellに墜ちたものは・・・】へ