未分類

エイリアンクラフトのメタル分析

 ←FOIAによるバテル情報の入手・・・ →ある日突然のインターネット!?
バテル研究所で
1960年
Roswellに墜ちた
UFOのメタル分析を・・・

個人的に
していたのが・・・

エルロイ・センター
と言う人物であった。

彼は化学技術者として
メタルの
混入物の分析と
その量の数値化を
していた。

そしてそれは
チタニウムをベースとした
合金の分析で
あった。

形状記憶の
メタルとして
使われるには・・・

チタニウムの
純度がかなり
高い必要があり・・・

チタニウムの中の
酸素の発見に
注力していた。

なぜなら
記憶合金ニチノールを
作るのには
そこがかなり
必要だったのだ。



★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」

第1弾~ は今ガゼン超人気
Amazonで絶賛発売中!!

今やUFOの神話ともいわれるRoswellで
「いったい何があったのだろうか・・・!?」

その解明追及が第2弾でした。
そして
第2弾をただ今電子本化中・・・

お楽しみに・・・
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【FOIAによるバテル情報の入手・・・】へ
  • 【ある日突然のインターネット!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FOIAによるバテル情報の入手・・・】へ
  • 【ある日突然のインターネット!?】へ