未分類

コーソーが言うのには~その①~

 ←高官のコーソーがなぜにこんな暴露をするのか!? →コーソーが言うのには~その②~
コーソーは
本物の
エイリアンクラフトが
ボディーと共に

1947年7月
Roswell近郊で回収された
と書いている・・・
クラッシュ想像画

そして
そのクラフトの残骸の
中から
現代の我々の先端技術・・・

コンピューターの集積回路や
光ケーブル、ナイトビジョン、
レーザーなど・・・

それらすべてが
エイリアンテクノロジー
を原型として・・・

それは100年先の
技術であったと
言う・・・

そしてそれが
リバースエンジニアリング
として研究され・・・

やがて
50年近くを要して
実用化がなされたのだった。

しかし
クラフト自体の
推進装置・・・

すなわち
その推進力になるものと
誘導装置が何なのか・・・

それだけが
分からなかったと言う・・・
そのため
ステルスは
ジェットエンジンでしかない
と言われている。


 ←「ポチ」っとお願いします <(_ _)>

★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評販売中です。「いったいRoswellで何があったのか・・・!?」
第2弾は今執筆中で実際にRoswellからの回収品を扱ったと言う軍の元高官で責任者フィリップ・コーソーの内報があったりした・・・
是非、Roswellの謎の解明をお楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【高官のコーソーがなぜにこんな暴露をするのか!?】へ
  • 【コーソーが言うのには~その②~】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【高官のコーソーがなぜにこんな暴露をするのか!?】へ
  • 【コーソーが言うのには~その②~】へ