未分類

Roswellのメタルの特徴は、記憶合金であるが・・・

 ←FOIAで出てきた文書の詳細は!? →バルーンに大掛かりな調査もない!?
そもそも
形態記憶の効果は
誰もが想像しないくらい
昔の
1932年に・・・

スェーデン人化学者
グスタフ・アルネが
形状記憶合金を発見している。

それは
金とカドミウムの合金
であった・・・

温度が低いと形を変え
温かくなると元の形に戻る。

Roswellのメタルは
形状記憶だったと言う
多くの目撃者の証言がある・・・

そのことから空軍が唯一
の言う
プロジェクトモーグルが
否定されている・・・

すでに1932年に
発見されていて・・・
Roswell事件の1947年には・・・

あまりある年数がある・・・

それだけに
地球外生命体が登場
するまでもないのかも
知れない。


 ←「ポチ」っとお願いします <(_ _)>

★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと
言われ続けているものとしては、現在に至るも米国では盛況なRoswell Incident「いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」
是非、Roswellの謎の解明をお楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【FOIAで出てきた文書の詳細は!?】へ
  • 【バルーンに大掛かりな調査もない!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FOIAで出てきた文書の詳細は!?】へ
  • 【バルーンに大掛かりな調査もない!?】へ