未分類

バルーンに大掛かりな調査もない!?

 ←Roswellのメタルの特徴は、記憶合金であるが・・・ →FOIAでの事実確認になる!?
やはりRoswell事件は
調査分析を要する
メタルであったのだ・・・

1949年の
バテルの調査研究は
広く一般にも
知られていなかった
ものである・・・。

これはFOIA情報公開法
(1966年ジョンソン大統領の下で
制定され翌年発効した
アメリカの連邦政府の
情報公開を定めた法律)・・・

の下で
強制的に公にされたものだった。

それは
後に
軍がスポンサードしての
ニチノール
(ニッケルとチタンの合金)の
形状記憶合金の
研究の
補足説明であった・・・

形状記憶では今のところ
二テノールが最高だと考えられる。

これまで
バテルも
ライトパターソンにも
メタルなど・・・

それはどこにも存在しない
と言われていたものだった。

Roswellから
ライトパターソンに・・・

そしてバテルの
今回の研究にまで至る・・・

そんな書類の流れが
明らかにされたのだった。


 ←「ポチ」っとお願いします <(_ _)>

★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと
言われ続けているものとしては、現在に至るも米国では盛況なRoswell Incident「いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」
是非、Roswellの謎の解明をお楽しみください。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Roswellのメタルの特徴は、記憶合金であるが・・・】へ
  • 【FOIAでの事実確認になる!?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Roswellのメタルの特徴は、記憶合金であるが・・・】へ
  • 【FOIAでの事実確認になる!?】へ