未分類

元中佐コーソーのその本の共著者とは・・・

 ←それはバイオロボットなのか!? →リバースエンジニアリングは今ようやくの話!?・・・
ウイリアム・バーンズ・・・

“The Day After Roswell”の
共著者である。
コーソーの本

彼はその当時52才
ライターであり編集者であり
出版者でもあった。

しかし軍との接点は
ないなか・・・

彼のUFOとの
出会いは・・・

単にUFOモノの書かれた
本や映画の
単なるファン
だったのだ。

そんな彼が・・・
どういう関係で
コーソーの
共著者になったのか・・・

それは
コーソーのところへ・・・

第二次大戦と
韓国戦で情報関連で・・・

軍の仕事をしていた
ロスの
モーションピクチャー
という会社によって・・・

連れて行かれたのが
そもそもの
始まりであった。


 ←「ポチ」っとお願いします <(_ _)>

★「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ はアマゾンで好評発売中です。地球外生命体の乗ったUFOが墜ちたと言われ続け、
1997年のコーソーの書いた「The Day After of Roswell」で米国でさらなる盛況を迎える。そんなRoswell Incidentとは何か!?
「1947年7月2日いったいそのときRoswellで何があったのか・・・!?」是非、
そのRoswellの謎の解明を「Roswellに墜ちたUFOミステリー」~第1弾~ でお楽しみください。続編 第2弾もただ今製作中。お楽しみに!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【それはバイオロボットなのか!?】へ
  • 【リバースエンジニアリングは今ようやくの話!?・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それはバイオロボットなのか!?】へ
  • 【リバースエンジニアリングは今ようやくの話!?・・・】へ